ギャンブルとは切り離せない「マカオ」の魅力とは?

ベラジョンをもっと楽しめる知識「ルーレット攻略法」をチェック!

本日はマカオについてお届けします。マカオは世界有数のカジノ観光都市であり、「極東のラスベガス」とも呼ばれています。みなさんは、マカオが世界有数のギャンブル都市になるまでの経緯をご存知ですか?

中国の都市マカオ

マカオの文化や宗教について知るために、少しだけタイムスリップしてみましょう。秦、殷、明、漢といった王朝時代、マカオは中国の事実上の保護領であり、16世紀にポルトガル人がやって来るまでは中国の管轄下にありました。

1557年、ポルトガルがマカオの永久租借権を獲得します。ポルトガル人はマカオを商人の居留地に定めたため、その後は非常に重要な場所となっていきました。中国の絹もここから日本に輸出されました。そして1999年、マカオは中国に返還されました。ここからマカオの都市化が進み、現在のような世界有数の経済都市となっていきました。

マカオの文化

この都市では、中国文化とポルトガルの建築や習慣の文化の見事な融合が見られます。マカオの聖ポール天主堂は、2005年にユネスコ世界文化遺産に登録されています。

2つの文化が融合しているこの都市には、多くの祝日が存在します。マカオ住民に「一番重要な祝日で、多くの訪問者がやってくるのはいつ?」という質問をすると、「旧正月」という返事が返ってきます。この都市にはまた、ポルトガル料理と中国料理が融合した独自の珍しい料理も存在します。

宗教

マカオでは多くの人が様々な宗教を信仰しており、中でも盛んなのは道教と仏教です。その他、中国寺院やカトリック教会もあちこちで見かけます。言語は、主に中国語とポルトガル語が使われています。パドゥア語という言葉もあり、マカオの公用語にもなっています。

現在のマカオは観光都市である一方で、世界で最も経済が発展した都市でもあります。マカオは「極東のラスベガス」とも呼ばれています。世界最大規模の人気カジノに行ってみたいなら、マカオへの旅がお勧めです。

カジノとギャンブル

1844年、マカオではカジノが合法化されました。今では、地元民や観光客が利用できる施設が数多く存在しています。カジノだけでなく競馬に賭けることもできます。競馬もマカオでは人気の娯楽です。この都市には、素晴らしいサービスを提供するカジノが数多く存在しています。今回はそのうちいくつかをご紹介しましょう。

ベネチアンカジノリゾート

ベネチアのエキサイティングな雰囲気を味わいたい方にぴったりのリゾートです。イタリアの美しい都市が鮮やかに再現されています。運河、イタリアの街並み、ショッピングセンター、1,000室以上あるホテル、独自のカジノ観光が全て楽しめるベネチアンカジノリゾート。ぜひ行ってみてください。

グランドリスボア

グランドリスボアは、マカオで最初にオープンしたカジノのひとつです。素晴らしいミシュランの星付きレストランや5つ星ホテルで最高の気分が味わえます。